TRAUM RECURIT株式会社

メッセージ

MESSAGE

トラオム株式会社、代表の堀江より全ての応募者様へ向けたメッセージです。

我々、トラオムの仲間は夢を絶対にあきらめない集団です | 代表取締役 堀江 新一

実は私は、飲食業の経験はまったくありません。

トラオム株式会社という社名は、夢という意味を持つドイツ語(Traum)から名づけました。なぜなら、トラオムという会社は夢を実現するための集団だからです。
意外と思われるかも知れませんが、代表である私自身は飲食業の経験を持っていません。かつては機械関係の仕事をしていましたが、その職場は職人の世界で「技術は先輩から盗め」という伝統がありました。その会社で私は機械修理の技術などを積極的に学び、研修などを受けて腕を磨くチャンスをもらいました。

腕を磨いて職場に戻った私は、気づけば熟練の職人さんよりも知識と技術を持った人材となっており、師匠と思っていた先輩に実力を認めてもらいました。熟練の職人さんに認めてもらえるだけの知識と技術は、学べば自分のものになると思った瞬間でした。目標と計画を持って仕事に取り組めば、漠然とした夢もやがて現実味のあるものとなり、そして実現することが分かったのです。

夢は思い描くものではなく、実現するためのもの

夢という言葉には「いつかは○○」というニュアンスがありますが、私にとっては具体的な計画と戦略、手段があって目標とした期日までに実現するものであると考えています。
人が行うこと、人が持っているもの、人が目指すこと。これらには全て、明確な理由があります。その人が着ている服、髪型、持ち物には全て、その人がカッコいいと思うから、便利だと思うから、欲しいと思うからという分かりやすい理由があるはずです。しかし、多くの人はそんなことを考えることなく無意識に自分の意思を実現しています。

私は、それでいいと思います。今は特に夢と呼べるようなものがないという人も、それでいいのです。「お金持ちになりたい」という願望を夢と呼ぶのに抵抗がある人もいますが、これだって立派な夢です。
人にはそれぞれ、大切な夢があります。その夢をどうやって実現するか、そのためには何が必要か。それをともに考え、最初はボンヤリしていた夢を確実に現実のものにしていくのが、私たちトラオムです。